宅建業コラム

宅建業コラム

不動産業未経験者の独立開業、成功のポイントとは?

更新日:2018年08月29日

働き方が多様化した昨今、会社に属さずに独立開業を考える人が増えてきました。
中には不動産業・宅建業の未経験者でも、「不動産会社を起業したい」または「副業として宅建業を始めたい」などと考える人もいるでしょう。

そこで今回は、業界未経験者向けに、「不動産業で成功するためのポイント」を簡単にまとめました。
成功・成長

独立開業資金を抑える

不動産業の独立開業に必要とされる初期費用(免許の申請、事務所開設費など)は、概算で約1,110万~1,800万円が目安です。

しかし、未経験分野での開業に対し、銀行など金融機関の融資条件は非常に厳しいものです。自己資金で1,000万を超えるお金を用意することは非常に困難だと言えます。

そこで、埼玉県で不動産業を開業するなら、全日本不動産協会埼玉県本部へのご加入をおすすめします。

全日本不動産協会が提供する各種サポートサービスを利用すれば、初期費用を最大400万円程度に減らすことが可能だからです。

独立資金の軽減について、詳しくは下記の記事をご参照ください。

不動産で独立するときに資金はいくら必要?

営業保証金(供託金)を抑える

費用を抑える
独立開業にかかる費用をできる限り減らすには、「営業保証金(供託金)」をどれだけ抑えられるかも大きなポイントです。

イニシャルコストとして、本店最寄りの供託所へは、

  • 主たる事務所(本店)の場合は、1,000万円
  • 従たる事務所(支店)の場合は、1ヶ所につき500万円

という高額な供託金を納める必要があります。

しかし全日本不動産協会へ加入すれば、「弁済業務保証金分担金」という制度を使えるため、

  • 主たる事務所(本店)の場合は、60万円
  • 従たる事務所(支店)の場合は、1ヶ所につき30万円

と、その費用を大幅に減らすことができます。

スモールスタートは事業成功の要です。「供託金を大幅に減らしたい」という人は、ぜひ全日本不動産協会埼玉県本部へご加入ください。

供託金の軽減について、詳しくは下記記事をご参照ください。

宅建業の営業保証金(供託金)いくら必要?

立地条件が最適なテナントを探して事務所開設

「スモールスタートは事業成功の要」と書きましたが、不動産業の開業にあたっては「事務所開設」が必須です。事務所としては、下記のような要件を満たす義務があります。

  • 専用の出入口がある
  • 居住スペースときっちり分けられている
  • 事務所としての形態が整えられている
  • 他法人と共有していない専用の出入口がある
  • 他法人との間がきちんと間仕切りされている

これらの要件を満たすためには、自宅開業やレンタルオフィス(シェアオフィス)ではなく、専用のテナントを借りることが最適です。

そこで全日本不動産協会への加入をおすすめします。
当協会への加入に伴い「レインズ」という物件管理のシステムの閲覧が可能になり、豊富な物件情報へアクセスがしやすくなります。
立地や予算などさまざまな条件を適えた理想的なテナントが見つけやすくなるでしょう。

事務所の必要要件に関しては、下記記事をご参照ください。

不動産開業における「事務所の必須要件」とは?

わかりにくい宅建業の免許申請をサポートしてもらう

宅地建物取引業の営業免許申請は、事務所を置く都道府県ごとに、

  • 申請書類の作成
  • 各都道府県知事・国土交通大臣へ申請
  • 審査(欠格事由・事務所要件等)
  • 免許の通知
  • 営業保証金の供託、もしくは保証協会加入による弁済業務保証金分担金の供託

というステップで行なわれます。

未経験者にとっては煩雑でわかりにくい点も多いことでしょう。そこで全日本不動産協会では、この免許申請手続きをわかりやすくサポートいたします。免許申請などの事務手続きをスムーズに行いたい方は、ぜひ当協会へご加入ください。

申請手続きの詳細については、下記記事をご参照ください。

宅地建物取引業免許の申請・取得方法とは

便利なツールで事務作業が効率化できる

成功への道
未経験で不動産ビジネスを開業するには、パソコンに向かう時間を短くして、営業やお客様対応の時間を増やしたいところです。

全日本不動産協会に入会すると、会員様向けネットワークシステム「ラビーネット」が使用できます。このシステムを導入することで、事務作業の大幅な時間短縮が望めます。

宅建業務のためのお役立ちツールが多数提供されるので、宅建業未経験者の事務処理も格段にスピードアップ。
また、不動産流通機構が運営するネットワークシステム「レインズ」(REINS)も無料利用が可能です

「SUUMO(スーモ)」「HOME’S(ホームズ)」「アットホーム」といった不動産関連の有名ポータルサイトへも物件登録が簡単に行え、自社管理の物件以外にも、多くの会員が登録した多数の物件情報にリアルタイムでアクセスできます。

レインズ導入の主なメリットとしては、

  • 希望物件がリアルタイムで見つかる
  • 適性な市場価格の設定・把握が可能
  • お客様への今まで以上のきめ細やかなサービスの提供

といった点が挙げられます。

「事務処理を簡易的にして、お客様対応の時間を増やしたい」という人は、ぜひ全日本不動産協会へご加入を。

レインズとラビーネットのメリットについては、下記記事をご参照ください。

不動産情報システム「レインズ」と「ラビーネット」加入のメリット

独立開業するなら全日本不動産協会埼玉県本部へご加入を

全日本不動産協会埼玉県本部は、不動産業に必要なシステムをご提供しております。開業に最も大切な初期費用を減らすための各種制度も充実しています。

埼玉県内で宅建業独立をお考えの方は、ぜひ信頼と実績の全日本不動産協会埼玉県本部へご相談ください。

創業昭和27年という60余年の実績と、全国47都道府県に広がるネットワークを持つ「全日本不動産協会」は、跳躍するウサギのマーク「ラビーちゃん」が目印です。
埼玉県内には、浦和・川越・所沢・大宮・越谷の5つの事業所がございます。

全国規模の物件情報ネットワーク「J-REINS」(通称レインズ)をはじめ、30もの業務支援システム「ラビーネット」で、加入会員の宅建業務を強力に援助いたします。

各種会合や講義・講習会などを定期的に実施し、業界内の情報収集もスムーズに。会員同士の親睦が深められる機会も多数ご用意していますので、横の繋がりも強化できます。

埼玉県での宅建業開業は、ぜひ「全日本不動産協会埼玉県本部」へご相談ください。

また、東京、神奈川、千葉、群馬、栃木、茨城などの近県で宅建業を営まれ、埼玉に業務進出をお考えの方も、ぜひ全日本不動産協会埼玉県本部への加入をご検討ください。