お知らせ

お知らせ

準防火地域の指定区域を拡大します(さいたま市)

更新日:2016年09月16日

さいたま市で大地震が発生した場合、大規模な火災の延焼が想定されています。
災害に強い都市づくりを目指して、「さいたま市防災都市づくり計画」に基づき、延焼リスクの改善に向けた準防火地域の指定区域を拡大します。

◆準防火地域について

平成27年8月に策定した「さいたま市防災都市づくり計画」において、 市内全域を対象に建築物の延焼リスクの評価を行い、対策が必要となる区域を設定しました。
これらの延焼対策区域におけるリスク改善に向け、この度、都市計画法に基づく準防火地域の指定区域を拡大するものです。

●防災都市づくり計画           さいたま市防災都市づくり計画(PDF形式:8,317KB)
● 防災都市づくり計画(概要版)    さいたま市防災都市づくり計画(平成28年概要版)(PDF形式:11,383KB)

準防火地域内の建築物は、新築・増改築時等に規模に応じた防火措置が必要となります。
建築物の防火措置を進めることにより、地域全体の安全性を高めていきます。

●地域指定の考え方や必要となる防火措置の概要等をまとめた資料は下記に掲載しています。(原案説明会で使用した資料)
   原案説明会資料(PDF形式:1,403KB)

20160916165624-0001

20160916165636-0001

 

 

お知らせの一覧へ戻る