平成29年度戸建て住宅の液状化対策研修会について

2017年10月27日

埼玉県 都市整備部 都市計画課よりお知らせです。

 

東日本大震災で大きな被害のあった「戸建て住宅の液状化」については、国をはじめ被災自治体や学会等において、その対策や研究が進められてきました。

埼玉県内の被害は限定的でしたが、平成25年度に公表された「平成24・25年度埼玉県地震被害想定調査報告書」では、液状化による全半壊棟数は最大で17,591棟と推定されています。

そこで、戸建て住宅の液状化被害について、その発生メカニズムや対策工法、先進事例に関する研修会を開催します。
液状化対策に興味のある方は、是非ご参加ください。

 

詳しくは、埼玉県ホームページをご覧ください。

 

20171027195117-0001