賃貸取引に係るITを活用した重要事項説明(IT重説)について

2017年09月27日

国土交通省より「賃貸取引に係るI T 重説の本格運用の開始」を控え、下記の通り案内がありましたので、お知らせいたします。

 

不動産の賃貸取引において、テレビ会議等のITを活用した重要事項説明(以下「IT重説」という。)を平成29 年10 月1日より本格運用を開始することとされました。

本格運用の開始に向けて、賃貸取引に係るIT重説を対面による重要事項説明と同様に取り扱う旨を「宅地建物取引業法の解釈・運用の考え方」に追加するとともに、宅地建物取引業者が適正かつ円滑にIT重説を実施するためのマニュアルが策定されました。

また、賃貸取引に係るIT重説の本格運用にあたって、トラブル等に備えるとともに適正かつ円滑な実施に資するため相談窓口が設置されました。詳細は下記、国土交通省ホームページをご覧ください。

併せて、全日ではIT重説ソフトとして大塚商会社のSkype for Businessを推奨しております。詳しくは下記をご覧ください。